PHOENIXWAN

強力なパワー

PHOENIXWAN は、PC と Playstation2 に対応している数少ないコントローラーの一つです。KONAMI の INFINITAS、PlayStation2 の CS シリーズ、 BMS シミュレーター、Lunatic Rave 2 及び MAME シミュレーターで稼働する beatmania シリーズなど、主流の beatmania IIDX プログラムには全部対応しています。

PS2 モード

PlayStation2 で利用するには、まず PS2 モードに切り替える必要があります。ショートカット E1+E2+B1 を 1 秒以上押し、三つのライトが消え、そしてまたついたら、切り替え成功です。

  • 接続手順:
  • ① 赤色の USB 端子を PlayStation2 に接続します。
  • ② 黒色の PS2 用端子を PlayStation2 に接続します。

PC と PS2 両方に同時接続することも可能。「モード切り替え」機能を使えば、ケーブルを抜いたり挿したりする手間を省けます。

INFINITAS 模式

INFINITAS を起動する前に、 INFINITAS モードに切り替える必要があります。ショートカット E1+E2+B3を 1 秒以上押し、三つのライトが消え、そしてまたついたら、切り替え成功です。

  • 接続手順:
  • ① 赤色の USB 端子を PC に接続します。
  • ② 黒色の USB 端子を PC に接続します。

INFINITAS モード に切り替えてから INFINITAS を起動してください。
PHOENIXWAN では、INFINITAS モードがデフォルトとなっています。

LR2 モード

Lunatic Rave 2 を起動する前に、LR2 モードに切り替える必要があります。ショートカット E1+E2+B5 を 1 秒以上押し、三つのライトが消え、そしてまたついたら、切り替え成功です。

  • 接続手順:
  • ① 赤色の USB 端子を PC に接続します。
  • ② 黒色の USB 端子を PC に接続します。

場合によっては、「LR2」 の中でもう一度キー配置を設定する必要があります。

HID-light モード

モードに切り替えるには、まずショートカット E1+E2+B7 を 1 秒以上押します。そして三つのライトが消え、またついたら、切り替え成功です。

  • 接続手順:
  • ① 赤色の USB 端子を PC に接続します。
  • ② 黒色の USB 端子を PC に接続します。

ターンテーブルはスティックのX軸となります。
HID-light モードに切り替えたあと、ドライバーは自動的に更新されます。およそ5〜10秒かかります。

keyboard モード

キーボードしか使えないゲームをプレイする際は、このモードに切り替えてください。ショートカット E1+E2+B2 を 1 秒以上押し、三つのライトが消え、そしてまたついたら、切り替え成功です。

  • 接続手順:
  • ① 赤色の USB 端子を PC に接続します。
  • ② 黒色の USB 端子を PC に接続します。

同時に全てのキーを押していてもしっかり反映されます。

研ぎ澄まされたターンテーブルの集大成

宇宙用アルミニウム合金と液体シリコンの組み合わせによって、ターンテーブルの質感が非常に高く、滑り止め効果も抜群。押す時も回す時も、その減衰振動はアーケードゲームとほぼ一致。感度も6種類あり、自分に最適な感度を簡単に選べます。

ターンテーブルの素材

公式の EMP ターンテーブルは、長く使用すると、反ったりすることがあります。それを解決するために、私たちは 2 年に亘る研究を経て、何百もの材料の組合せをテストし、ようやくこの完璧なターンテーブルを完成させました。

  • PHOENIXWAN のターンテーブルは、液体シリコンと宇宙用アルミニウム合金を混合射出成形するという非常に複雑な工程で作られています。液体シリコンは透明性が高く、滑り止め効果も申し分がありません。宇宙用アルミニウム合金の部分はレコードのような素晴らしい質感が再現されており、滑り止め効果も EMP より遥かに優れています。

1〜2ヶ月程度使用したあと、ターンテーブルの表面の感触は更に優しい感じになります。

ターンテーブルの減衰振動

PHOENIXWAN はアーケード版の構造が手本となっており、自宅でもアーケード版同様の操作感を体験できるようにデザインされています。心地よい減衰振動は、より正確な入力を可能にするだけでなく、リズムを掴む手助けにもなります。

  • ターンテーブルのシールを剥がし、固定用のネジを外せば、機体のメンテナンスや減衰振動の調整は簡単にできます。中心にあるフェルトを外すと、一味違う操作感も体験できます。

ターンテーブルの感度調節

ターンテーブルの感度とは、操作をゲーム内で反映させるのに必要最低限の回転角のことです。

  • PHOENIXWAN では、計 6 種類の感度があり、一番高い感度がデフォルトになっています。感度を下げたい時はショートカット E1+E3+B1 で、上げたい時はE1+E3+B3 で調整してください。現在の感度レベルはオーディオライトで確認できます。

LR2 モードでは、他のモードよりキーボードの感度が少し高めです。
もし INFNITAS でレベル3の感度を使用しているなら、LR2 モードやkeyboard モードではレベル2の感度がおすすめです。

感度は6つのレベルに設定可能

感度

6

有効回転角度

感度

5

有効回転角度

感度

4

有効回転角度

感度

3

有効回転角度

感度

2

有効回転角度

感度

1

有効回転角度

一番高い感度、レベル 6 がデフォルトです。

最低回転速度の閾値の調整

ターンテーブルの回転を反映させるには、設定された回転速度の閾値を満たす必要があります。閾値を下げたい時はショートカット E1+E3+B5 で、上げたい時は E1+E3+B7 で調整してください。

  • 最低回転速度の閾値が増加するにつれて、もっと早く回さなければターンテーブルは反応しません。

連続で一方向だけ回す場合は、閾値を上げることをお勧めします。
最低回転速度の閾値と有効回転角度を両方満たさなければ、操作は反映されません。

最低回転速度の閾値は6つのレベルに設定可能

7 秒/回転

6 秒/回転

5 秒/回転

4 秒/回転

3 秒/回転

2 秒/回転

7秒/回転がデフォルトです。これらの回転数はおおよその値です。

様々なキーを組み合わせましょう

PHOENIXWAN は様々なキー・バネ・マイクロスイッチを用意しており、あなたに最適な組み合わせもきっとあるはずです。プレイヤーはタイミングのことだけを考えればいいです。全ては、早く皆伝へ辿り着くため。

DJDAO カスタマイズキー

最高のコスパ

DJDAO カスタマイズキーは、DJDAO Design Team が SANWA キーの特徴を活かして開発したキーです。 SANWA の 90%の特徴が備わっている上、価格も遥かに安く、初心者や予算が少なめなプレイヤーたちには最適です。

SANWA キー

これぞ本家の操作感

SANWA キーは SANWA 社が開発した、アーケード版 beatmania IIDX 用のキーです。素早い反発、長い寿命、澄んだ音が特徴。beatmania IIDX のプレイヤーたちにとってはまさに最終的な選択肢と言えましょう。

  • モデル:
  • OBSA-45UK-W(白)
  • OBSA-45UK-K/W(グレー)

バネ

ボリューミーで繊細な反発力

バネは、キーの反発力に大きく影響するだけでなく、指の力加減にも影響する重要な部品です。力強く操作するプレイヤー、あるいは高い精度を求めるプレイヤーには、反発力が高いバネがおすすめです。軽やかに操作するプレイヤー、難易度の高い曲を演奏するプレイヤー、片手で操作するプレイヤーには、反発力の低いバネがおすすめです。

  • DJDAO カスタマイズキーで選べるバネ:
  • 40g バネ(標準)
  • 20g バネ
  • SANWA キーで選べるバネ:
  • 100g バネ(標準)
  • 60g バネ(一番の流行り。ハイスコアを求めるプレイヤーに最適)
  • 20g バネ(片手プレイヤー・皆伝プレイヤーにおすすめ)

マイクロスイッチ

爽快で快い打ち心地

PHONIXWAN このマイクロスイッチは DJDAO Design Team が長年の経験を活かして、初心者たちのために開発した渾身の一作です。力の強さは 0.25N。構造は Omron の D2MV と似ており、操作感も Omron のマイクロスイッチとはほぼ同じ。おまけにコスパも抜群です。

DJDAO カスタマイズマイクロスイッチ

200万回
寿命
25N
操作に必要な力

オムロン D2MV-01-1C1

1000万回
寿命
10N
操作に必要な力

オムロン D2MV-01-1C2

1000万回
寿命
25N
操作に必要な力

オムロン D2MV-01-1C3

1000万回
寿命
50N
操作に必要な力

おすすめセット

もう迷わなくてもいい

PHOENIXWAN がプレイヤーたちのために用意したおすすめセットです。これらのセットは、長年の販売で積み重ねてきたビッグデータを活用して組み合わせたものです。おすすめは下記の通り

初心者

コントローラーの初心者で、予算が少なめなプレイヤーにおすすめ

DJDAO カスタマイズキー
DJDAO カスタマイズマイクロスイッチ
40g バネ
コスパが一番良い

中級者

寿命の長いマイクロスイッチを求めるプレイヤーにおすすめ

DJDAO カスタマイズキー
D2MV-01-1C2
40g バネ
寿命が長く、力の強さは中レベル
DJDAO カスタマイズキー
D2MV-01-1C3
40g バネ
寿命が長く、力の強さは高レベル

上級者

予算に余裕のあるプレイヤーや、七段以上のプレイヤーにおすすめです

SANWA キー
D2MV-01-1C3
60g バネ
ゲームセンターの定番セット
SANWA キー
D2MV-01-1C2
60g バネ
ハイスコアを求めるプレイヤーが好む
SANWA キー
D2MV-01-1C1
20g バネ
片手プレイヤー・皆伝プレイヤーにおすすめ

高速なチップ

PHOENIXWAN には最新のチップが搭載されており、長い寿命と安定性が保証されています。PlayStation2 でも、PC でも、業界屈指の低遅延を体験できます。

1ms
応答時間
1000Hz
周波数

色鮮やかなライト

GAMO2 が最新に開発した RGB LED システムを搭載。7つのモードがあり、自分の好きな色合いをカスタマイズできます。「オーディオライト」機能もあり、リズムに合わせてライトも踊り出します。

リングライトモード

7つのモードを、ショートカット E1+E3+B2で切り替え可能。
E3+B2+ターンテーブルで 色相を調整(H);
E3+B4+ターンテーブルで 彩度を調整(S);
E3+B6+ターンテーブルで 明度を調整(B);


  • 16,777,216

HSBの調節によって表現できる色数(理論値)

常に明るい
HSB
色とりどりモード
H
虹色自動変換
SB
虹色固定
SB
虹色同期回転
SB
トリガーモード
HS
ブレスモード
HS

オーディオライトモード

3つのモードがあり、ショートカット E1+E3+B6 で切り替え可能。
E4+B2+ターンテーブルで 色相を調整(H);
E4+B4+ターンテーブルで 彩度を調整(S);
E4+B6+ターンテーブルで 明度を調整(B);

BEATモード
HSB
ブレスモード
HS
スペクトルモード
/

リズムに合わせて踊りだすオーディオライト

ブレスモードあるいはスペクトルモードに切り替えて、オーディオケーブルで PHOENIXWAN と PC や PS2 に繋ぐと、オーディオライトはリズムに合わせて色を変えたりします。

簡単メンテナンス

PHOENIXWAN のキーパネルでは磁石が使われており、軽く押せば開きます。1P と 2P の向きも簡単に切り替え可能で、友達とのコミュニケーションがもっと便利に。メンテナンスには道具も必要ありません。

道具なしでも 1P / 2P に切り替え可能

PHOENIXWAN のキーパネルは磁石で固定されており、 1P と 2Pの切り替え、メンテナンスなどは非常に便利。下のボタンを軽く押せばパネルを開けられます。10 秒以内に切り替えが終わります。


何回も切り替える場合は、ケーブルが絡まないように注意しましょう

マイクロスイッチの入れ替えも簡単

PHOENIXWAN で搭載されている、マイクロスイッチに繋ぐ端子は世界最先端の端子であり、スイッチも付いています。軽くスイッチを押して端子を抜けば、好きなマイクロスイッチを自由に入れ替えることができます。

ケーブルの収納

PHOENIXWAN の下にはもっと便利な収納スペースがあり、ケーブルを簡単に収納できます。


分離式のケーブルを使わなかったのは、PlayStation2 と PC で同時に使用するためと、LEDライトの電力供給を確保するためです。

アフターサービスも完備

GAMO2 Team は完備したアフターサービスを提供しております。PHOENIXWAN について不明な点がございましたら、いつでもご連絡ください。速やかに問題を解決できるよう尽力いたします。